命の危険につながる

日本において上位を占める死亡原因の一つでもある心筋梗塞は、命の危険も十分に考えられる大変恐ろしい病気です。
この病気は、心臓の筋肉に栄養をもたらす冠動脈という血管がつまってしまい、心臓の筋肉が死んでしまうことによる心臓麻痺を起こしてしまいます。
その結果として、心臓がポンプの機能を失ってしまい身体への血流が途絶えてしまい、やがて死に至るという、命の危険が伴う危険な病気です。
心臓発作の一種とも言われるこの病気では、生活習慣病など様々な原因があります。
高血圧や動脈硬化、コレステロールによる血管のつまりなど、ありとあらゆる血管に関する病気をもっている人は、危険因子として十分な注意が必要となります。
これらの病気の危険がある人は注意が必要です。

この病気は、心臓発作を起こす危険がありますので、症状を良く理解しておくことが重要です。
この症状には、代表的なものとして発作を起こした時の胸の痛みです。
これは、冠動脈が一時的など詰まってしまうことにより、心臓への血流が途絶えてしまい、痛みを発するのです。
その痛みは、胸や背中、一見すると関係のないものにも思えますが、肩の痛みなどがあります。
肩の痛みは「放散痛」ともいい、心臓でおきた痛みがより広範囲へと広がり、肩の痛みとして現れるのです。
その他にも、胸の違和感や重たい感じ、胃のあたりの痛みなど「放散痛」の一部として現れます。
まれな症状として、吐き気や嘔吐なども見逃すことの出来ない事の一つで注意が必要です。

心筋梗塞の予防法としては、その原因となる危険因子を良く理解しておくことが必要です。
その危険因子としてあげられるのは、喫煙や塩分の取り過ぎなどによるものや引き金となる因子などがあります。
これらに直結するのは、動脈硬化です。
この病気の治療、予防では、動脈硬化の進行を遅らせたりする方法です。
動脈硬化を完治させることはできません。
この心筋梗塞はいかに発症させないように、生活を送るかが重要であると考えます。
そのためには、まず禁煙です。
非喫煙者であれば、食事や適度な運動をこまめに行い、ストレスをため込まないような生活を送ることも重要です。
また、高血圧や高脂血症、糖尿病などの病気にならないことや早期発見をすることも必要となります。

オススメリンク

心筋梗塞のリスクを避けるために読むサイトがこちら「心筋梗塞を起こさないための本気の予防サイト」

鋭い痛みが特徴

みなさん、心筋梗塞とはどのような病気かご存じでしょうか。
心臓が止まる、心臓の血管がつまる、そのように漠然と考えてらっしゃることが多いと思います。
しかし、実際のところは心臓に血…Read more

持病を持つ人は注意

まず何よりも持病として、狭心症、高血圧、高脂質症、糖尿病などの循環器疾患を持っている人はこの病気には人一倍注意する必要があります。
しかしこのような胃病を持っていない人でも注意するべきこ…Read more

狭心症との違い

心臓の周りを栄養している冠動脈が左と右にあります。
左冠動脈は大きく、真ん中を走っている血管と後ろ側を回っている血管が2本に分かれています。
大きな血管が3本あるという事になりま…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031